プログラミング教室(小中高校生専用)

プログラミング教室

 難ししく考えず、頭の体操として作るのが楽しいです。そうしているうちに自然にスキルが身につきます。^^
 将来の職業として考える必要はないと思います。いろんなことを楽に行うための、パソコン&プログラミングだと思うのです。

 子供達のレベルを見ながら、進捗に合わせて内容を進めます。
 プログラミングは楽しいかどうかが極端です。1ターンごとに向いているかどうか、本人が楽しいかを判断します。
 好きで向いている子であれば、何度も繰り返して、大人と同じレベルをめざします。
 下記はプログラム学習進行の参考です。全部進めるのには数年必要です。

  • Scratch ← お子様用のツールです。プログラムのエッセンスを十分あじわえます。
  • html & javascript ← ここから下は業務で使用する言語です。
  • html & php
  • VisualBasic
  • C#

 プログラム言語は多数ありますが、根本的な考え方は共通するところが多く、一つを学べば他の言語にも役立ちます。ここでは「見えていないけど実は身近に使われている」言語からセレクトしています。

 子供達の柔軟な頭脳は大人の想像を超える場合があります。だから一般の言語を使用するレベルになると、子供だからの妥協をしません。いつか一人前になる若手技術者と同じように対応します。

プログラミング教室のいろいろ

  • 最大2名の少人数制です
  • 座学はなくすべて実践です。作成に必要なことを、その都度学んでいきます。
  • すでにできているものを順を追ってつくるのではなく、あらたなプログラムを実際に作ります。講師はレールを敷きません。
  • なにをつくるかは、子供達のスキルと希望をあわせて、相談して決定します。
  • 簡単なプログラムでも、実際に作るといろんな不具合が出て、全然簡単ではありません。きちんと動くものはとても繊細なのです。結果がなかなか見えなくても温かく見守ってあげてください。

 何もかも教えてもらえるほど世の中は甘くない。結局のところすべては「独学」が基本です。
 だから両講座では、実験やレポート、プログラム作成を通じて「学び方を学んで」いきます。学び方を習得すれば、新しいことも独学で習得できます。「独学できる技術」は多方面でも役に立つでしょう。

 職業としてプログラミングをと考える保護者の方へ。
 プログラムを作ることを職業とするのは、今の日本では必要なスキルと背負う責任の割に待遇が悪すぎるため、お勧めできません。それよりも「ICT機材に親しむ」ことを重視したり、「プログラムも作ることができる○○(別な職業)」を目指す方がよいと思います。いろんな職業で「外国語を話せる」と有利になります。そのニュアンスで「ICTを深く知っている。プログラムを作れる」と非常に有利です。

講師紹介
GENZO

 身近な自然と子供達の笑顔が好きな技術屋兼写真家です。技術屋としてはプログラムを書いたりwebを作ったりします。写真家として撮った写真は図鑑に載ったりします。小学校の理科の教科書の写真を撮り下ろしてたりもします。明るく楽しい時間が好きです。プロフィールはこちらをどうぞ。

GENZOをフォローする
こども技研
タイトルとURLをコピーしました